身だしなみ編1

髪は自然な色で

女子の就活アドバイス髪の毛編

就活中の女子の皆さんが気を付ける点をポイントでご紹介します。面接での一番最初の評価ポイントは第一印象です。第一印象とは雰囲気だったり清潔感、身だしなみでもあります。ここで面接官に「あれ?」と思わせてしまうといくらその後の対応が良かったとしても評価もダウンしてしまうものです。また営業や飲食業などの接客業種ではそれだけで不採用になってしまうことも大いにありえます。今回は髪の毛の色についてですがアパレル業でもない限りは金髪や奇抜な色は常識としてやめた方が良いでしょう。いくら似合っていたとしても常識を知らない人だと思われてしまいます。逆に真っ黒だったら問題はないと思いがちですが、これも逆に真面目で融通がきかなそうというイメージを与えかねないです。融通のきかない人材は仕事をする上で扱いづらいものです。髪の毛の色はダークブラウンか、少し透ける位の軽いブラックなど自然な髪色が清潔感もありオススメです。初めての就活で陥りやすいことですので覚えておくと良いと思います。

スカートのしわに注意する

就活する女子は座るときに注意してスカートにシワが入らないようにする

普段から女子というのは、身だしなみに気を配っている人も多いかもしれませんが、その気にしたい部分はいろいろあります。例えば髪やメイクに関しては、いつも気にかけているという人でも、服装に関してはどうでしょうか。普段はあまりしわにならないような生地の洋服をきていれば、しわに関してはあまり気にしていないことでしょう。しかし、就活をするときにはスーツを着るようになります。スーツというのは案外しわになりやすいものです。ですので、スカートなどは特にシワが入りやすくなっています。そうなってくると、少し座っただけで座りじわがついてしまうことでしょう。それでは身だしなみの印象がよくありません。ですので、アイロンをあててくるのはもちろんのこと、座るときにも注意して座るようにしましょう。そうすることによって、少しでもしわが入りにくくなるといえます。

メイクは最小限でナチュラルな印象に

女子の就活アドバイスメイク編

就活中の女子の身だしなみアドバイスです。女性の場合、書類選考や面接など、顔を見せる場面では必ずメイクをすることが必要になってきます。これは第一印象を良くする目的と同時に社会人としてのマナーであり常識です。これがきちんとできないと、常識を知らない人間と思われてしまい就活にとってとても不利になるでしょう。きちんとと言われても、実際にはどうしたら良いでしょうか。新卒の女子のなかにはメイクをしたことがないという方もいるかと思います。メイクは必要最低限で大丈夫です。ファンデーションで肌色を整えます。リキッドタイプが自然ですが苦手な方はパウダータイプでも良いでしょう。チーク(頬紅)で顔色を良くして眉毛の足りないところを描きます。眉毛がきちんとある人は眉ハサミで整えましょう。自分できない人は美容院でもやってもらえます。口紅は自分の唇と似たような色か、淡いピンク系が良いでしょう。自然に顔色が良く見えます。これだけでも身だしなみとしては十分です。できる方は控えめにアイメイクをして魅力をアップしましょう。しかし、やり過ぎると良い印象にはならないのでやり過ぎには注意しましょう。

BACK to TOP

関連情報を見る

問い合わせ受付ページ

女子必見!就活身だしなみ・持ち物基本リスト Copyright(C) syuukatu-kihonlist.biz All Rights Reserved.